桃のご注文受付は終了しました。ブドウのご注文受付は8月1日から≫

今、ココは夏。

こんにちは、園長です。
2月も終わりに近づき、春の予感を感じるようになりました。

ブドウの時期もまたやってきます。

この時期、剪定というブドウの枝を切る大事な作業の予定ですが、園長はせっせと堆肥を運んでおります。

しかも一輪車で。


写真だとわかりにくいですが、6トンの堆肥をスコップで掬っています。半分の折り返しにきたところ。風邪をひいたり、ブドウ棚完成が遅れたりして、剪定の時期にまでずれ込んでしまいました。

ここから樹がある場所まで100メートルくらいあるし、地面は土でぬかるんでるところもあったりで、結構シンドいです。何かの罰ゲームなんでしょうか。

この写真だとまだシャツを着ていますが、この後、袖を捲くってます。10℃いってないんですけどね。覆っているブルーシートには雪の残滓がまだ…。

というのも、運搬車のレバーのワイヤーが壊れて修理に出していたのですが、使いたいときに限って使えないっていう。
使えるようになったのは、堆肥運びが終わる最後の日でした。

ひとりでよく運んだなって思いました。

これから剪定作業ですが、もう少ししたら樹が休眠状態から目覚めるので、その前までに終わらせたいところです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「岡山県のへそ」と呼ばれている吉備中央町でブドウと白桃を夫婦2人で作っています。岡山に来て9年目に入りました。吉備高原の澄んだ空気のもとで「お客様に高品質の果実をしっかりとお届けする」ことを第一に取り組んでいます。

目次
閉じる