桃のご注文受付は終了しました。ブドウのご注文受付は8月1日から≫

freeeを1ヶ月使ってみました

こんにちは、園長です。

園長
年末年始かなり寒かったですね。

吉備中央町は、実は岡山県にはいないんじゃないかというくらい寒くて、最低気温-8℃とか記録してましたよ。これが公になると晴れの国おかやまに入れて貰えないかもしれません。。。

最近の園長は確定申告の作業をしておりました。ギリギリになって仕事するのはよくないですからね。フミカ氏から薫陶してもらった「焦る乞食はもらいが少ない」のとおり、前もってやるべし!の精神で仕事してました。

無事作成も終わり、後は申告が始まったらE-Taxでパパッと出したいなと思います。

そうそう、吉備ひかり農園は桃とブドウしか作っていないので、高機能な簿記ソフトの必要性をあまり感じずこれまでエクセル簿記で頑張ってきました。ですが、いろいろ思うところもあり8年お世話になったエクセル簿記から卒業し、2021年から新たな簿記ソフトを使うことを決めました。農業の簿記って通常の簿記とは若干仕様が違うので(ほんのちょっとだけですけど)、農業対応を謳っているソフトの中から探しました。

freeeです。

まだ使い始めて1ヶ月弱しか経っていないのですが、感想は

園長
あれ?思ってたんと違う…

通常版をなんとか農業用にしてる感があるからかなぁ。

スマホでレシートを撮影してその場で仕訳したり、PCにインストールしなくていいというメリットが魅力的で選んだのですが、そのうち慣れるはず。使いこなせるようになったり、来年の確定申告の時には変わっているかもしれません。1年後とかにまた感想を書きたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「岡山県のへそ」と呼ばれている吉備中央町でブドウと白桃を夫婦2人で作っています。岡山に来て9年目に入りました。吉備高原の澄んだ空気のもとで「お客様に高品質の果実をしっかりとお届けする」ことを第一に取り組んでいます。

目次
閉じる