桃のご注文受付は終了しました。ブドウのご注文受付は8月1日から≫

早生品種「さくひめ」を頂きました。約2年ぶりの再会。

さくひめ 桃

先日、新規就農同期の桃農家さんご家族に会えました☺

3人目のご出産ということでずっと会いたかったのですが、コロナ禍ということもあり…。なんと2年ぶりの再会(・_・;)

久しぶりに見た赤ちゃんはとても可愛かったです。

積もる話がありすぎるくらいあるのですが、久しぶりすぎて全く言葉が出なかった私💦

あれ?おかしいな~。色々聞きたいことあったんだけどな~💦

収穫が終わったらまたゆっくりお話したいです。

(お互い、無理しないで頑張ろうね!!)

その桃農家さんから、貴重な早生品種「さくひめ」を頂きました。

この6月に白桃が食べられるなんて!!驚き!!

モモ品種「さくひめ」は、開花に必要な低温にさらされる時間(低温要求量)が日本の主要品種の約半分に短縮された早生品種で、温暖化により冬の気温が高くても安定した開花と果実生産が見込めます。

農研機構のサイトより

さくひめ、市場には出回ってないのかな?かなり貴重な桃のよう。

6月に白桃が食べられるなんて驚くお客様多いだろうな~と思いながらじっくり頂きました(๑´ڡ`๑)

美味しい白桃でした!ごちそうさまでした。

明日からもう7月!

7月末からは吉備ひかり農園も桃の収穫が始まります!

頑張っていきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「岡山県のへそ」と呼ばれている吉備中央町でブドウと白桃を夫婦2人で作っています。岡山に来て9年目に入りました。吉備高原の澄んだ空気のもとで「お客様に高品質の果実をしっかりとお届けする」ことを第一に取り組んでいます。

目次
閉じる