2021年度のご注文は7月上旬開始予定です。お待ち下さい。

久しぶりの作業

おはようございます、園長です。と言っても、最近は家の警備が忙しくて全然園長らしいことしてませんが…。

三女の百日が済んだと思ったら、今度は子供たち全員が順番にRSウイルスにかかり作業どころじゃなかったのです。

上二人は風邪みたいなものでそんなに心配することもありませんでしたが、生後半年以内の乳児は重症化することもあるらしくフミカ氏と交代で看病してました。
おかげさまで入院することなく快方に向かいつつあり、上の子達も治ったのでようやくホッと胸を撫で下ろしているところです。

あ~、農家になって良かったー!ドゥンドゥンドゥドゥンドゥン♪

農閑期で時間が取れるのがホントに良かったと思います。ただ、もし農繁期にこんな事態になったらと思うとゾッとします。
だけど、ホント何かに取り憑かれたかのごとくツイてないことが続くなぁと思って、年明けはしっかり厄除けしてこようと固く心に誓ったのでした。

そんなこんなであっという間に12月真ん中まで来てしまいました。

家の中が落ち着いてきたのでちょっと仕事しようと思ったんです。が、外がめちゃくちゃ寒くなってました。

雪が少し降ってうっすら地面が白くなってる!!

先日届いた苗木を仮植え(毎年やっているので皆さんにはもうお馴染みの)しようと思ってたんですが、長靴冷たい!足痛い!

品種構成やいろいろ思うところがありまして…。何年か後にラインナップに加えられたらいいなと思います。いつまで植えてるんだというツッコミはなしで…。
ただ、果樹は野菜と違ってすぐその年に結果が出るものではないですし、ダメだったからと言ってすぐ樹を切るわけにはいかないので、先のことを考えて段取りというか計画を立てていかないといけないところが面白くもあり難しいところでもあります。

寒い中、シャベルで土を掘るのって腰にくるんですよね。しっかり腰を労らないと…。

今植えても冬を乗り切れないので、春先まで土の中で寝ててもらいます。

見失わないよう目印。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「岡山県のへそ」と呼ばれている吉備中央町でブドウと白桃を夫婦2人で作っています。岡山に来て9年目に入りました。吉備高原の澄んだ空気のもとで「お客様に高品質の果実をしっかりとお届けする」ことを第一に取り組んでいます。

コメント

コメントする

目次
閉じる