桃のご注文受付は終了しました。ブドウのご注文受付は8月1日から≫

6月第2週

園長です。これから暫くスーパー農繁期です。なんとか乗り切りたい。

6月4日


今年は花が咲くのは例年並みかなぁと油断していたら既に咲いていたという…。

6月5日


ピオーネとオーロラブラックの花穂整形が終わり、シャインマスカットたちの花穂整形を始めました。シャインマスカットたちはピオーネやオーロラブラックよりも花が咲く時期が遅いので、作業分散が出来て助かります。
どの品種も一気に花が咲いたら絶対に間に合わないので品種構成をしっかり考えるのも大事なことです。吉備ひかり農園はピオーネ50%、オーロラブラック20%、シャインマスカット20%、その他10%という感じです。

6月6日


フミカ氏の作業スピードは園長よりも早いので感謝しきりです。そのうちフミカ氏が園長になっているかもしれません…。


枝の先端部分をプチっとちぎっていきます。2013年ブドウ農家1年目のとき摘芯作業が間に合わなくて花がポロポロ落ち、結果ボロボロのブドウがたくさん出来たという悲劇を経験した園長は摘芯作業は絶対に欠かせません。

6月7日


ブドウがなかなか忙しくて桃を見る余裕がなくなってきました。とは言え放置するわけにも行かないので見廻って様子だけは見ておかないと。おおきくな~れ~、おおきくな~れ~と呪文をかけておきました。

6月8日


ピオーネとオーロラブラック、特にオーロラブラックが満開なのでジベレリン処理を開始しました。

忙しくて文章短めです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「岡山県のへそ」と呼ばれている吉備中央町でブドウと白桃を夫婦2人で作っています。岡山に来て9年目に入りました。吉備高原の澄んだ空気のもとで「お客様に高品質の果実をしっかりとお届けする」ことを第一に取り組んでいます。

目次
閉じる