2021年度のご注文は7月上旬開始予定です。お待ち下さい。

早い梅雨入りの中、人気の黄桃「つきあかり」の袋掛け。

気象庁によると15日、中国地方が梅雨入りしたとみられると発表したようですね。

統計がある1951年以降、2番目の早さだそうな。

今年も異常気象に悩まされそうです😨

寒い雨の中、今週やった作業を振り返っていきましょ~

目次

ひたすら桃の摘果

先週はひたすら桃の摘果をしていました。

前回園長が書いた記事の通り、当園も遅霜の被害を受けました。

特に、「清水白桃」と「つきあかり」に被害が出ており、「清水白桃」に関しては明らかに昨年より結実が悪いです😢

普及指導員の先生曰く、今年は全体的に桃の遅霜被害が出ているそうで…。

今年は清水白桃の出荷量が減るのかな。と色々心配しています。

黄桃「つきあかり」の袋掛け

桃 袋掛け
つきあかり

ショックを受けつつ、ひたすら摘果をして、ようやく袋掛け!

当園では「つきあかり」→「おかやま夢白桃」→(期間を開けて)「清水白桃」の順に袋掛けしていきます。

今週は、当園でも人気の黄桃「つきあかり」の袋掛けをしました。

早い梅雨入りの洗礼を受けて、小雨の降る中の袋掛けで寒かった~💦

ん?なんだか例年より多く実をつけているような?

園長

遅霜の影響で生理落下が多いかもしれないから、いつもより多く実をつけたんだよー

リスク回避のために少し多めに実をつけた「つきあかり」。

今年も甘くて美味しいトロピカルな黄桃になってね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「岡山県のへそ」と呼ばれている吉備中央町でブドウと白桃を夫婦2人で作っています。岡山に来て9年目に入りました。吉備高原の澄んだ空気のもとで「お客様に高品質の果実をしっかりとお届けする」ことを第一に取り組んでいます。

目次
閉じる