剪定終了&解体再開

剪定で右手を酷使し過ぎたのでのんびりしていたら、週末にブログを書くのをすっかり忘れておりました(-_-;)

剪定が終わったので次は若木の芽傷入れをしようかとも思いましたが、腕を上げ続ける作業は一旦止めにしました。

ということで、一度ストップしていたハウス解体作業を再開することにしました。

土を掘ってパイプのクサビを外しそして抜く作業をしなければいけないのか…。
暗澹たる気持ちで現場に行ってみると、

まぁ、何ということでしょう。(ビフォーアフター風)

スコップで掘るのを見るに見かねた師匠が、ユンボで土を掘り起こしてくれていたのです。(ホントは事前に掘ってくれるという連絡を貰っていました)。師匠も剪定で忙しいのに本当に感謝です。

それからというもの作業が進むこと進むこと。
4倍くらいの早さで作業が進みました。やっぱり土を掘るのはユンボが最強ですね。
機械で出来る作業は機械にしてもらうのが一番だよなぁと痛感。まぁ、お金が必要ですが…。


そんなこんなであと半日で解体作業も終了出来る計算です。
パイプを圃場に運んだりといった片付けがあるのでもう何日か必要ですけれど。

ハウス建設は秋冬の作業になりそうな予感、というか確実に決定かな。