ピオーネ

押しも押されもせぬ、高級黒ブドウの代表品種。

品種登録されたのは1957年ですが、岡山県が1981年に無核化技術を確立してから、
一気にブドウ界のスターダムにのし上がりました。
岡山県が全国生産量1位を誇り、マスカットオブアレキサンドリアと共に岡山を代表する
フルーツです。

20140729_1

ぶどうの王様と言えば巨峰です(でした?)が、
大きさで巨峰を一回り上回り(巨峰が10~12gに対して、ピオーネは15~20g)、
味も甘さ(糖度も16度~)と酸味のバランスが絶妙、しかも種なしなので、
巨峰に取って代わる品種となっています。

と言ってもピオーネは、巨峰とカノンホールマスカットの子供なので
(ブドウの女王と呼ばれている、マスカットオブアレキサンドリアの4倍体品種)、
美味しくないわけがないのです。
ブドウ界のサラブレッドと言っても過言ではありません。

熟期は、吉備中央町では9月上旬から10月上旬まで。

しばらくは高級黒ブドウの地位が安泰のピオーネですが、最近の異常気象でなかなか作るのが難しくなってきています。
県南の方では色がつきにくくなってきているようです。
吉備中央町は吉備高原に位置しているのでまだ大丈夫なようですが。

ピオーネに取って代わる高級黒ブドウがそろそろ出てくる必要があるのかもしれませんね。