平成26年度新規就農研修生の前期募集開始

20140612_1
http://www.okayama-ninaite.com/index.php

 岡山県は20年以上前から、新規就農したい人のための支援制度が存在しているのですが、
今年も始まりました。前期、後期と分かれていて、今回はその前期です。
いきなり研修をするわけではなくて、まず1ヶ月間体験研修をしてから、その後2年間の実務研修に入るという風になっています。1ヶ月の間に本当にやりたいのか見極められるようになっています。思っていたのと違った、という人もいるみたいですからね。
会社員の人にとっては、1ヶ月も会社を休むのはなかなか難しいですが、いきなり辞めて農家になりますというのはリスクが高すぎるのでいい制度だと思います。

最近は、青年就農給付金という制度が国で制定されて、日本全国でほぼ同じようなことが出来るようになりましたが、やはり20年も積み重ねてきたノウハウというところで、岡山県は他県よりも1歩先んじているように思います。

 自分も2年前に申し込みしましたが、もう2年も経つのかと感慨深いです。
今年の募集を見ると、やはり果樹の募集が多いのが分かります。私がいる吉備中央町は毎年ピオーネで募集しているのですが、ここ何年か人気が高くなかなかの難関です。

気になる人は目を通してみてください。